こどもの日 端午の節句





世界各国のこどもの日

こどもの日は世界各国で祝日になっている

世界の子供の日

世界で最初にこどもの日を制定したのはトルコ。1920年に4月23日と定めました。
その後、1925年にジュネーブで開催された子どもの福祉世界会議で6月1日が「国際子供の日」に制定されました。

 

さらに1954年には国連総会で「世界こどもの日」が制定されました。

 

 

どれも日本と同じく、子どもたちへの相互理解と福祉の拡大のために定められた記念日で、国連では11月20日に「児童の権利に関する宣言」(1959年)、「児童の権利に関する条約」(1989年)が採択されたことから、この日を「世界のこどもの日」としています。

 

国によって行事はことなりますが、学校や休みになったり、イベントの開催や子どもにプレゼントを贈る習慣がある国もあるようです。

 

 






世界各国のこどもの日

【5月5日】

世界の子供の日

日本 韓国

 



【6月1日】

世界の子供の日

ウクライナ
エチオピア
カンボジア
クロアチア
中国
チェコ共和国
ポーランド
モンゴル
ルーマニア
ロシアなど

 

 

【11月20日】

エジプト
カナダ
ハンガリー
バングラデシュ(祝日ではないものの、イベントが行なわれています)

 

 

【その他の日】

アルゼンチン…8月の第2日曜日
イスラエル…10月19日
インド…11月14日(子ども好きで有名だった初代首相ジャワハルラール・ネルーの誕生日だそうです)
インドネシア…7月23日
オーストラリア…7月第1日曜日
シンガポール…10月1日
スウェーデン…10月の第1月曜日
タイ…1月の第2土曜日
台湾…4月4日
トルコ…4月23日(国家主権と子供の日)
ブラジル…10月12日(聖母アパレシーダの日)
マレーシア…10月の最終土曜日
メキシコ…4月30日